本質が見えるメガネ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【週末社長のつぶやき】理系的発想とは!

<<   作成日時 : 2008/11/17 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんばんは。いつもブログを読んでいただき、ありがとうござい
ます。

会社勤めにいそしむ私ですが、週末は、社会貢献活動をして
おります。今号もお付き合い下さい。

前号の豚の話であるが、飼育を続けるか、食肉センターに連
れていくかの2択には、疑問がある。

2択ではなく目的をもう一度良く考えてみることである。良いか
悪いかの議論は、大事であるが、目的が何だったのかを問い
直すことが本質を見失わないことだと思う。

豚を引き取った先生の当初の目的は、命の大切さを生徒に伝
えることではなかったかと思う。(間違っていたなら各自調べ
直して欲しい)

その上で、これまでの過程がその目的を達成するのに妥当な
方法であったかを多角的に検証するのである。

一部の情報だけで考えざるを得ないが、飼育に加えて生徒の
愛情が豚へ移ったことを完全には否定できないと思う。

そうであれば、豚の飼育方法についてとことん考えつくすこと
が必要ではないか・・・。

さて、上記の豚の話を一般論で考えるのなら、ことばでなく、
もの中心で考えるということになる。

心理的、精神的ではなく、事実に基づいた解釈をすることと言
っても良い。

理系なら、その教育方法から、目的と手段の関係を論じて、
問題点を明確にすることが求められるので、事実に基づいた
発想を比較的、苦にしないと言われている。

しかし、インターネットが席巻している今の世間では情報が
溢れかえり、結果、理系的発想がしにくいのが気になるとこ
ろである。

ことば重視の考えは、楽であり気持ちが良いのは確かである。
癒しのことばを用いた商売が大流行なのもその結果であろう。

ただ、ことばというのは、実態のないものであるから、間違え
たときに、きちんと反省できない一面を抱え込んでいる。

また、ことばは、勢いがあるから、それまでの慣性に連鎖し
て信じてしまう怖さがある。

だから、たまには、ことばの世界を抜け出して、何か一つでも
良いから、理系的発想をして見てはいかがであろう。
(081117号 次号へつづく)

----------------------------------------------------------------
ようこそ、品質カウンセラーへ!

経営を世界標準まで上げなければグローバルな時代には生き残れません。消費者
の目が一段と厳しくなってきた今こそ、品質重視の経営が必要なのです。製造業か
らジュエリー販売まで100ヶ所以上の品質を見てきた経験と技術士の専門的な目
であなたの品質問題にお答えします。一方で、社員も経営者の視点が必要な時代
です。相手が満足するには何をすべきか考えて自身を経営すれば、あなたの価値
が上がります。個人事業主、サラリーマン、OL、週末起業家の方、お気軽にお問い
合わせ下さい!

●気がつけばあなたのそばにいます!
●品質カウンセラー ファーブル昆忠記
●メールアドレス:m.g.j-64192@train.ocn.ne.jp
----------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、セミナーでご一緒させていただきました中原と申します。品質管理カウンセラーについての知識はありませんが、勉強のため今後お邪魔させていただきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
中原幻
2008/11/24 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【週末社長のつぶやき】理系的発想とは! 本質が見えるメガネ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる